忍者ブログ
ポートレートに参考になる画像を集めて行きます!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

一眼で集合写真を撮りたいんですが!!

意外と盲点だったのが、集合写真。
一眼レフは、ピントがシビアで一人や二人ならいいが、大勢だと
全員にピントを合わせるのは、意外と難しい。
絞りを絞り過ぎても全体のピントが駄目になる・・
色々と調べてみてみましたが、様々な意見がある様で(^^;
とりあえず、一番上のリンク先が判り易いかと。

・レンズは望遠を使わず広角側を使う。
 ズームすればするほどボケ易くなる。
 広角過ぎると端が湾曲するので18~55の標準ズームレンズ
 でOK。
・被写体からの距離は多めにとる事。
 近づけば近づくほどピントの合う範囲が狭くなります。
・F値は8~11位
・ピントは手前中央。モデルの配置が重要!
 基本、ピンとは点ではなく平面と考える事。
 三人並列に並んでいれは、中央にピントが合えば、自ずと左
 右もピントが合う。適正F値なら被写体深度内で他もピント
 が合うはず。
・ISO感度は高め。800~3200でもOK。
 F値が8~11だとシャッター速度が遅くなる為、シャッター速
 度を上げる為。
・出来れば、三脚・外付けストロボを使って、ブレ防止対策。
 他のサイトも参考に
複数の人物を撮る時の適切な絞り値について
一眼で集合写真をバッチリ撮る方法
PR
黒ホリを暗闇に見せるライティング


「背景」にストロボ光が当たらないように工夫すると、暗闇の中にいるように撮れます。
具体的には、2つの工夫です。

夕日の撮影にも、幾つかのポイントがある様です。
掻い摘んでみると・・・
・ホワイトバランスは、「曇りか日陰」に設定すると、オートなど
 より赤みが増した色合いに撮れる。
・基本は「絞り優先モード」 F8~F11。
・ISO感度は、三脚などを使えば100。手持ち撮影ならブレ
 防止で200~400。
・明るさは露出調整で。-補正すれば、赤みが増します。

http://diji1.ehoh.net/contents/yuuyake.html
http://liginc.co.jp/life/useful-info/57108


流し撮りというと、鉄道写真というイメージですが、
ポトレでも、使えると迫力のある写真が撮れる。
スポーツをしている撮影にはもってこいかも。
色々なサイトで、参考になるものをピックアップしてみた!
https://withphoto.jp/feel/067/
http://d.hatena.ne.jp/wakugai/20120216/1329387256
http://ameblo.jp/photoadvice/entry-11199259273.html

掻い摘んでみると・・人を撮る場合ね。
シャッター優先モード
シャッター速度 1/30~1/60
ISO 100
絞り値 F8~F11

こんなもんかな(^^;
あとは、ぶれない様に、若干の数値調整と撮影姿勢。
三脚や一脚で上下のブレを無くすなどの方法もあり。
練習あるのみwwww


シャッター速度の違いによる、背景と被写体のブレ具合が
分かりやすい動画。
HOME  → NEXT
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
商品紹介
広告
プロフィール
HN:
h2111
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者カウンター
Copyright (C) 2017 ポートレートを楽しむ All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]